診療部門

透析センター

当院透析室は、開設から32年が経ちました。

現在、透析ベッド数68床で稼動しております。

  • 月水金は午前・午後・夜間の3サイクル
  • 火木土は午前・夜間の2サイクル

で業務を行っております。

2010年4月23日に3階に入院透析患者様を中心にした入院透析治療室を開設しました。

緊急時には沖縄協同病院と連携しており、患者様にとって、安全な医療、療養環境および送迎システムの充実をめざしてスタッフ一同、一致団結して邁進してまいります。(2010.6月現在)

  • Gallery

    透析室内部

  • Gallery

    透析室入口

  • Gallery

    入院透析治療室

  • Gallery

    機器

透析室概要

○透析開設(1978年1月)

1978年 1月

○スタッフ

常勤医師 透析技師 看護師 助手
3名 12名 38名+パート6名 3名

○ベット数

外来用-別館透析室 入院用-本館3階
50床 18床

○患者監視装置

外来用 入院用 個人用
42台+(透析濾過装置8台) 15台+(透析濾過装置3台) 4台 (2台濾過装置含む)

○透析スケジュール

 
午前 8:30
午後 13:00      
夜間 16:00

とよみ生協病院リハビリテーション室

当院リハビリテージョン室は脳血管疾患・整形疾患に対して入院リハ、 外来リハを行っております。 病床数85床(一般病棟37床※うち12床は亜急性期病室、 回復期リハ病棟48床)を有しています。

〈I〉各分野(入院リハ・外来リハ)における業務内容

  • 入院リハ:回復期リハ病棟を中心に早期のAOL拡大、 自宅復帰を図る。
  • 外来リハ:心身機能・能力面の改善や在宅ADL•QOL改善を図る。

〈Ⅱ〉リハビリテーション室スタッフ数

img

医師
1名
理学療法士
18名
作業療法士
13名
言語聴覚土
8名
リハ助手
1名

〈Ⅲ〉施設基準

  • 脳血管疾患等リハ施設基準(I)
  • 運動器リハ施設基準 (I)
  • 呼吸器リハ施設基準 (I)
  • 全国回復期リハ病棟連絡協議会 会員施設
  • 沖縄回復期リハ病棟連絡協議会 会員施設

〈Ⅳ〉対象疾患

  • 脳血管疾患
  • 整形疾患
  • 呼吸器・循環器疾患
  • その他(神経内科系・小児疾患)
  • 沖縄回復期リハ病棟連絡協議会 会員施設

〈Ⅴ〉2013年度教育制度(2013年1月~)

く県内外学会各種勉強会参加>

  • キネシオテーピング講習会(基礎講習会)
  • 統合的運動連鎖に基づく臨床推論とアプローチ
  • ゲイトソリューション付長下肢装具を使った脳卒中リハビリテーション
  • ボバース講習会(イントロダクトリーモジュール1)・顔面神経麻痺研修会
  • 山口光國センスアップ講習会 ・姿勢制御とAOL ・ PNF基礎講習会
  • 沖縄臨床作業療法実践研究会 ・環境適応講習会「洗体・更衣」・活動分析研究会
  • 新しい呼吸ケアの考え方 実践!「早期離床」
  • 整形外科術後急性期に起こるトラブル対策とAOLアップのこつ

く法人内勉強会>

  • リハ部会研究会:県内外講師による講演とリハスタッフの演題発表 年1回、リハ部会新入職員症例発表会 年1回
  • リハ室:症例検討会:月2"-'3回 (症例検討会1~2回、 伝達講習など1回)

新人勉強会:入職後4月~6月 病棟との合同勉強会:不定期

健診センター

只今、準備中です。

リハビリ外来

当院リハビリ室では、脳血管疾患・整形疾患に対して、

  • 外来リハビリテーション
  • 入院リハビリテーション

を行っております。病床数85床(一般病棟37床、回復期リハビリ病棟48床)を有しております。


  • Gallery

    診察室

  • Gallery

    理学療法室

  • Gallery

    作業療法室

  • Gallery

    言語聴覚室